風俗は必要不可欠

愛液を吹き出しながら求める風俗嬢

愛液を吹き出しながら、僕を求める風俗嬢に出会いました。先日のこと、僕は暇だったからデリヘル嬢を呼んだんです。僕は責めるのが好きなので、彼女の乳首やアソコを重点的に責めていました。すると、彼女の方からエンジンがかかったのか、「もっと責めてぇ」とおねだりしてくるんです。それがとても可愛くて、僕も本気で責めまくりました。感度が抜群の子だったから、愛液とかもすごいんです。あんなに愛液って出るものなんですね。彼女が履いてきたパンツもビチャビチャになっていましたし、プレイの最中は抜いでいたのですが、アソコが濡れたまま彼女は帰ってきました。世の中には、あんな変態風俗嬢もいるんですね。この仕事は嫌々やっている子とかもいるけれど、今回のデリヘル嬢のような子がいると、僕らも使いやすいです。客も結構気を遣っているということを店側も理解して、その点を重点的に強化してもらいたいところです。そうすれば、もっと利用者は増えるんじゃないでしょうか。